フィンペシアを使って薄毛を改善しました

私は数年前まで頭髪の薄毛に悩まされていました。
今までに薄毛を改善しようと様々な育毛剤を使ってみたのですが、これといって髪が増えたわけではありませんし、効果はあまり無かったですね。
それでも薄毛は進行していくばかりで、一時期はカツラの着用を考えたりしたのですがカツラは値段は結構高いですし、あとは周りにバレたらの事を考えると恐怖を感じていました。
そんな時に以前薄毛で悩んでいた友人から「クリニックに行ってみたらどうだ」と薦められたので、仕事帰りにクリニックに行くことにしました。

クリニックでは検査を受けたり先生の話を聞いたりしたのですが、その時に先生から「男性型脱毛症ですね」と指摘をされました。
この男性型脱毛症はジヒドロテストステロンの産生によって抜け毛が多くなり薄毛を招くみたいですが、私はまさにそれに当てはまっていたようです。
それからクリニックで処方してもらったプロペシアを服用することになったのですが、プロペシアを使って1ヶ月ぐらいたったときに大量の抜け毛を確認して、非常に恐怖を感じました。
どうやらこれは医薬品を服用することによって起こる初期脱毛であり、最初は大量に髪の毛が抜けるそうです。

それからプロペシアを飲み続けてみると、何となく額に産毛のようなものが生えていることが確認できました。
この時には小さな希望が見えて非常に嬉しかったのですが、問題はプロペシアの医薬品代でした。
プロペシアは1ヶ月にかかる医薬品代が結構するので、それからジェネリック医薬品のフィンペシアに切り替えるようにしたのです。

このジェネリック医薬品はクリニックで処方して貰えることが出来ないので、インターネットの個人輸入代行業者のみからの購入となります。
そして嬉しいことにフィンペシアはプロペシアと同じ成分と用量でありながら、値段がプロペシアと比較して半値以下で購入出来るのです。

また、現在ではキノリンイエローフリーのフィンペシアが販売されているため、発がん性の疑いを心配することなく安心して服用することが出来ます。
私はそれからフィンペシアを使い続けてみましたが、プロペシアと同じ効果があるように感じましたし、医薬品を使い続けて髪がかなり増えてきました。

今ではかなり髪のボリュームが回復したので、昔の薄毛であった自分の面影はありません。
久しぶりに友人に会ってみると、やはり髪のボリュームアップについて指摘をしてくるので、医薬品にはしっかりとした効果があるのが実感できます。

そしてフィンペシアなどのジェネリック医薬品は値段がリーズナブルであるので、金銭面について気にせず服用し続けられるのが魅力だと思います。
プロペシアだと年間にかかる医薬品代が10万円以上かかってしまう計算でしたが、ジェネリック医薬品に切り替えてから年間で1万円ほどでAGA治療をすることが出来るようになりました。
もちろんプロペシアと同じ効果を発揮できるのなら、ジェネリック医薬品を使って損はないでしょう。
私はジェネリック医薬品に感謝し、これからも使い続けたいと思います。

Comments are closed.