フィナステリドとミノキシジルで高い育毛効果を得る

いつの時代の男性も、薄毛には悩んでいるようです。
古代のエジプト人も薄毛には悩んでいたことが、紀元前に作成された医学書の記述からわかっています。
さて、20世紀に入り現代と呼ばれる時代になっても、男性は薄毛に悩み、改善方法を模索してきました。
1980年代には中国製の育毛剤が大ヒット商品となりましたし、発毛に関する書籍が話題となることもしばしばありました。

そして近年では、育毛分野でトップの需要を持つ二つの医薬品が登場しています。
ひとつはミノキシジルを配合した育毛剤であり、もうひとつはフィナステリドを主成分にもつAGA治療薬です。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発されていましたが、発毛効果が発見されて、育毛剤として進化した医薬品です。
ミノキシジル配合の育毛剤は、日本国内では第一類医薬品として販売されています。
一方のフィナステリドを主成分としたAGA治療薬は、ミノキシジルとは全く違う薬理をもつ薄毛治療薬です。

こちらは、薄毛の原因となる強力な男性ホルモンの発生を抑えることで、薄毛の原因を根元から無くす医薬品となっています。
フィナステリドを主成分にもつ医薬品としては、プロペシアが有名ですが、海外にはフィンペシアなどのジェネリック医薬品も販売されています。
ただ、日本国内では、フィンペシアなどのジェネリック版AGA治療薬は販売されていません。
しかし、個人輸入代行業者を利用することで、個人的に入手することは可能です。

さて、上記のミノキシジルを配合した育毛剤と、フィナステリドを配合したAGA治療薬は、併用することで高い発毛、育毛効果を発揮します。
AGA治療薬は薄毛の原因を根元から断つことによって、発毛のサイクルを正常に戻してくれます。
これに、ミノキシジルの力を加えることにより、更なる発毛効果が期待出来るのです。
ただ、新薬であるプロペシアとミノキシジル配合の育毛剤を同時に購入するには、高額な費用が必要となります。

まず、ミノキシジル配合の育毛剤は、ドラッグストアなどで購入出来ますが、一ヶ月分の購入価格は7千円ほどです。
また、プロペシアを医師から処方してもらうと、一般的には1万円以上が必要になります。
このため、両方を入手して、使用し続けるには毎月2万円が必要になるのです。
しかし、先述のようにフィナステリドを主成分としたAGA治療薬にはジェネリック版が存在します。
また、ミノキシジル配合の育毛剤にも、ジェネリック版が存在しています。

そして、両者とも個人輸入代行業者で購入することが出来るため、比較的安価に新薬同様の効果を得ることが可能なのです。

まず、フィンペシアは、個人輸入代行業者で100錠入り一箱が2,600円ほどで入手出来ます。
AGA治療薬は1日に1回の服用が原則ですので、フィンペシアを一度購入すれば、3ヶ月間使用することが出来ます。
また、ミノキシジル配合育毛剤のジェネリック版は、3千円台で購入可能です。
フィンペシア1ヶ月分を900円ほどと計算すれば、合計4千円前後で1ヶ月分の薄毛対策が出来るのです。
発毛を実践する際は、こうした低価格なジェネリックを利用してみるのも良いでしょう。

Comments are closed.